ホーム>コラム>【自分ができることで報酬をいただける喜び】二拠点生活を実践する男性の話 金谷移住者 上松 健二さん

【自分ができることで報酬をいただける喜び】二拠点生活を実践する男性の話

金谷 上松 健二

 

<上松 健二(うえまつ けんじ)>

愛知県出身 年齢非公開。

大学卒業後、メーカーとIT企業で10年以上会社員として働いたのち退社。その後2017年8月に田舎フリーランス養成講座を受講し金谷に移住。フリーランスとしてサイト制作をする傍ら、今年の4月からは都内の企業にも属して、週末のみ金谷にくるという二拠点生活をおくっている。

 

今回は金谷のお父さん的存在であり、長い会社員時代を経て独立された上松さんにお話を伺いました。

 

金谷に移住した経緯

金谷移住者 上松 健二さん

 

ー 今日はよろしくお願いします。では、金谷に来るまでの経歴と移住された理由から教えてください。

 

上松さん:大学卒業後、メーカーとIT企業で10年以上会社員をしていました。会社を辞めると決めた時に、次に何をするか迷ったんです。「転職してもまた辞めるかもしれない」と思い、「じゃあ自分で稼げるようになりたい」と考え、2017年8月に田舎フリーランス養成講座(以下いなフリ)を受講しました。

 

卒業後はいったん川崎にある自宅に戻って、一人でフリーランスとして活動をしていたんですが、自宅では集中できずにいました。やはりフリーランスが集まっている金谷の方が環境的にも良いと思い、卒業してから1か月後に金谷に移住したんです。でもこの4月からは都内の企業に属することになったので、今は週末だけ金谷に来て自宅のある川崎との2拠点生活をしています。

 

ー 今は個人のお仕事と、会社員としてのお仕事を2つされているということですか?

 

上松さん:そうですね。会社で働きつつ、プライベートな時間を使って引き続き個人の仕事を行っています。

 

現在のお仕事と収入

金谷移住者 上松 健二さん

 

ー では現在のお仕事内容と収入を教えていただけますか?

 

上松さん:個人としてはサイト制作、時々ライティングをしています。会社の業務でもサイト制作をしています。個人でいただいている収入は毎月変動がありますが、先月は合計で50万円を超えました。

 

ー すごい収入ですね!!では、なぜまた企業に属そうと思われたんですか?

 

上松さん:今まで独学でサイト制作をしてきましたが、きちんと勉強をしたわけではなかったのでしっかりと学びたかった、というのが主な理由です。それに、企業が提供するサイト制作の品質を身につけることで、自身の品質を上げることにもつながります。企業に属することでしか得られない情報もあり、勉強になると思ったんです。

 

二拠点生活の理由

コワーキングスペース まるも
上松さんが二拠点生活の拠点にしているコワーキングスペース「まるも」

 

ー 都内で勤務されていても、週末に金谷にこられる理由はなんでしょうか?二拠点生活は大変ではないですか?

 

上松さん:金谷はまるもがあって環境的に自分の仕事に集中できるからです。二拠点生活は移動など時間もかかりますし確かに負担はあります。でも、自宅にいる時は会社の仕事、金谷にいる時は自分の仕事ができるのでメリハリがつくんです。以前まるもで個人の仕事のみをしていた時と比べて、作業を効率化することができるようになりました。

 

ー 確かに、時間の制限がある方が効率的に集中してできますよね。では1日のタイムスケジュールを教えてください。お休みは作っていますか?

 

上松さん:会社の出勤時は9時~18時まで勤務。その後、自身の仕事が立て込んでいれば作業をし、特になければ運動をするなどして24時くらいには就寝します。

 

金谷にいる時は、昼前に起きてから23時くらいまでを目処に仕事をして24時くらいには就寝。長時間作業をしていますが、やりたいことを仕事にしているので負担に感じないです。寝ることが息抜きになったり気分転換にマッサージを受けたり、美味しいものを食べることでリフレッシュしています。休みの日も特に作っていないです。

 

移住して変化したこと

田舎フリーランス養成講座の様子
かつて受講生だった田舎フリーランス養成講座で、サイト制作の講師を務める。

 

ー 移住して変化したことはありますか?

 

上松さん:いなフリに参加後の移住でしたので親しい人もいますし、仲間がいる環境で作業をするのは楽しく、精神的に充実するようになりました。それが都内で仕事をはじめても金谷に拠点を残す理由でもあります。会社員時代は、今のように精神的に充実して過ごすことはできませんでした。まるも内で友達や家族ができた、といった気持ちです。それに、好きなことで収入をいただけているので楽しいです。

 

ー フリーランスになる手段としてWEB制作を始められたかと思うのですが、今はWEB制作自体が好きということですか?

 

上松さん:語弊があるかもしれませんが、「サイト制作が好き」というわけではなくて、“自分にできることできちんと報酬をいただけている”というのが楽しいのです。“何をやるか”というよりも自分の力できちんとお金をいただけるのが嬉しい。

 

ー なるほど。自身ができることで“収入”を手にする。個人でやるからこその充実感・喜びなのかもしれませんね。

 

金谷の魅力

コワーキングスペースまるも
金谷には「成果を出すために集中できる環境がある」という。

 

ー 金谷の魅力はなんでしょうか?

 

上松さん:正直、金谷に来てから観光も外食もしていないんですよ(笑) 金谷というよりまるもの魅力になりますが、好きなことをやり続けられる時間がとれて、余計な誘惑もない。成果を出すために集中できる環境があることが魅力です。都内にもコワーキングスペースは沢山ありますし、ただ作業をするためだけに場所が必要なのであればカフェや自宅でも十分です。遠い中わざわざ金谷にくるのは、それ以上の魅力があるからです。

 

ー まるもと都内のコワーキングスペースの違いはなんだと思いますか?

 

上松さん:まるものコミュニティ感です。コワーキングスペースの中には、ただ仕切られていてスペースをレンタルするだけといったものもあり、まるものようなコミュニティ感は得られないんですよね。うまく説明できませんが、来ていただければわかると思います。

 

ー では今は何をしているときが幸せですか?

 

上松さん:仕事がうまくいって、ほどよく報酬をいただける時です。あとはお酒が好きなので美味しいお酒飲んでるときが幸せです。

 

今後の夢、展望

金谷移住者 上松 健二さん

 

ー 今後の夢や展望を教えてください。

 

上松さん:まずは月収100万円を目指します。それと、会社に属して周りの反応からわかったことがあるんですが、“フリーランス”ってしっかり仕事をしていないイメージを持たれていると感じます。まだまだ「フリーターと何が違うの?」と思われているようで、それを払拭できるようになりたいと思います。その為に安定した収入を得られる様になりたいです。

 

ー そうなんですか!それはなんだか意外です。改めて会社という組織に身を置いたからこそ、

感じたことなんですね。では今後、大切にしていきたいことはなんですか?

 

上松さん:自分の好きな事、好きじゃないことを明確に分けて、好きな事を仕事にしていきたい。自分にできることで収入を得つつ、未経験のやりたい事にもチャレンジしていって幅を広げていきたいと思っています。自分をアップデートしていきたいです。

 

移住検討中の方にメッセージ

金谷移住者 上松 健二さん

 

ー 移住検討中の方や、上松さんと同世代の方に向けてメッセージをお願いします。

 

上松さん:私自身も最初は会社員として働いていて、いきなりフリーランスとしてやっていけるのか不安でした。今サラリーマンでいきなり退職する決心がつかない方は、まず週末フリーランス養成講座に参加して試してみるのもいいかもしれません。

 

40歳にもなったら迷っている年齢でもないし、いろいろな事を自分で決めなければいけないですよね。自分は家族がいなかったので思い切った決断をしやすかったですが、家族がいる人は家族を大切にしてほしいです。

 

でも、もし家族の方が都会の生活に疲れてしまった場合には、田舎に拠点を移して生活をすることも検討してみてください。

 

ー 養うべき家族がいて、なかなか踏み出せない人はどうしたらいいでしょうか?

 

上松さん:「家族がいるけどフリーランスになりたい!」という人は2年間くらいの生活費を貯めたうえで行動に踏み切るのがいいかと思います。独立した直後はやはり満足な収入は得られません。家族の生活を優先しましょう。

 

私も自分の生きざまが誰かの参考になればいいなと思っています。わからないことがあったら金谷に来てください!相談に乗ります。もし気になる方は問い合わせしてくだされば受け付けます(笑)

 

後記

金谷のお父さん的存在の上松さんは、移住当初から少しミステリアスな存在である。ひたすらデスクに向かって、夜遅くまで作業している姿が印象的で、「この人疲れないのかな」と周りの誰もが不思議に思っているに違いない。

そんな上松さんは「好きなことをしているから疲れは感じない」と笑顔で答える。年齢も非公開で、いろいろな事が謎に包まれている上松さん。今回のインタビューでもいったい何歳なのか最後まで知ることはできなかった(笑) 気になりはするが、「正直年齢なんて関係ないな」と質問をしておきながら思った筆者なのだ。

彼のように、社会人経験も人生経験も豊富な “大人の男性” が、一からフリーランスを目指し独立し、きちんと収入を得ているという事実は、「若いからできるんだよ」といって行動しない大人たちの良い刺激や励ましになるのではないだろうか。

 

[取材・文] Rinco

[撮影協力] 廣田賢司

金谷に遊びにきませんか?

現在金谷試住プログラムではプログラム参加者を募集しています!いきなりのお試し移住はハードルが高い、という方のためにも、金谷1日体験ツアーも開催しています。(体験ツアーの詳細に関してはこちらからご確認ください)

金谷1日体験ツアーや試住プログラムについての他、田舎暮らしに全般についてなど、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォームへ

この記事をシェアする

related posts 関連記事