ホーム>コラム>【仲間と共につくっていく幸せ】移住して3年、地元企業で働く男性に聞いた 富津市金谷 佐藤慶宏

【仲間と共につくっていく幸せ】移住して3年、地元企業で働く男性に聞いた

富津市金谷 佐藤慶宏 キャンプ

 

<佐藤 慶宏(さとう よしひろ)1988年9月生まれ>

秋田県秋田市出身。

大学卒業後、IT企業にて4年半勤務したのち、2015年9月に当時the fishで行われていた「3+4」プロジェクトの第2号生として採用され移住する。その後2017年4月より経理担当として正社員となる。移住者支援プログラムの共同考案者でもあり、金谷と移住者、the fishをつなぐことを目指して日々奮闘してきた人物。

 

【「3+4」プロジェクトとは】

週3日勤務し、残り4日は自分の好きなこと・好きな仕事に取組み、新しい働き方、生き方を実験するプロジェクトとしてスタートしたのが、「3+4」プロジェクト。2015年2月と9月に2名を採用し1名は現在the fishの社員として就労中。

 

前回、移住者支援プログラムの共同考案者としてインタビューさせていただいた佐藤さんに、今度は移住者の立場からのお話、3年間過ごしたからこその悩みなども伺いました。

【前回インタビュー記事はこちら】

 

金谷に移住した経緯

富津市金谷 佐藤慶宏

 

ー 前回に引き続きよろしくお願いします。早速ですが、佐藤さんが金谷に来られた経緯から教えていただけますか?

 

佐藤さん: 当時the fish内で行われていた「3+4」プロジェクト(上記説明あり)で働きだしたのが、移住のきっかけです。大学では地域活性の研究をしていたんですが、卒業後は一旦、都内のIT企業に就職しました。そこでは経理として4年半勤めましたが、日々忙しく働く中で、自身の本当にやりたいことが何かを忘れかけていた時期があったんです。社会人3年目の頃に、たくさんの人との出会いの中で、「やりたい事をやって生きていきたい」と思うようになり、もともと興味があった地域活性の分野に舵を切りたいと動き始めました。模索している中で、人とのつながりの中から、「3+4」プロジェクトを紹介してもらい、2015年9月にプログラムの第2号生として採用され、金谷に移住したんです。

 

移住された当初と現在のお仕事

富津市金谷 佐藤慶宏
会社員、個人事業主と二足のわらじを履きながら、趣味も全力で楽しむ姿勢が次の挑戦に繋がる。

 

ー 移住当初と現在のお仕事内容を教えていただけますか?

 

佐藤さん:移住してから1年半は「3+4」プロジェクト生として週3日、the fishのレストランで勤務をしていました。残りの4日は金谷のイベントに参加したり、友人の田んぼ作業を手伝ったり、あとは、東京で経理の仕事もしたりと、2拠点生活・複業生活を送っていましたね。

 

そしてその後、経理担当としてthe fishの正社員になったんです。現在の仕事内容は経理と、移住者支援プログラムをはじめとした人事です。その他、個人事業主としてフリーランスに向けての税務相談や講師業の他、アウトドアイベントの企画団体でスタッフもしています。3月末までは自由大学で、ファシリテーターもこなしていました。

 

ー 自由大学ですか?

 

佐藤さん: 簡単に言うと大人のための学びの場です。僕はそこでファシリテーターとして活動をしていました。ワークショップだったり、会議の進行だったりをその場の目的に沿って円滑に進むようにお手伝いする仕事です。

 

ー いろいろな活動をされている佐藤さんですが、1日のタイムスケジュールはどのような流れですか?

 

佐藤さん: 勤務日のときは、the fishで9時から18時まで勤務しています。休みは月7日で、その日は個人事業主の仕事をしていることが多いですが、それ以外はアウトドアで遊んでます。個人での仕事は、趣味と仕事の中間という感じで、好きな事なので楽しいです。ただ、やりたいことが多くて時間が足りないという悩みはあります。今後、自身の仕事をどんな風に作っていくかを考えるようになりました。

 

ー 確かに、“自身の仕事をどのように組み立てるか、何をするか”というのは、移住している誰もが少なからずぶち当たる壁だと思います。

 

移住して変化したこと

富津市金谷 佐藤慶宏

 

ー 移住して変化したことはありますか?

 

佐藤さん: 自由度が広がったなあと思います。時間の面でもそうだし、一緒にいるメンバーもそうです。例えば、金谷では道端で偶然友人と会ったりします。そのまま一緒にご飯を作ったり、話したりと、好きな人たちに囲まれながら過ごすことが出来て、暮らしの充実度があがりました。そういったことは都内ではなかなかありません。

 

一方で、自由度は高くなったけど、「自分の仕事を今後どうしていこうか」と、移住して1年経ったくらいに悩み始めました。そんな折にthe fishで正社員になるお話や、アウトドアイベントの企画スタッフ、自由大学のお話をいただいたんです。その時に、「声をかけてもらえたり、求められたりしたことにしっかりと応えていこう。今までは“自分のやりたい事って何だろう”とベクトルが自分に向いていたけど、周りから求められることを着実にこなそう」と思いました。そうしたら、いろいろな事がうまく回り始めたんです。

 

ー なるほど。悩んだときだったからこそ、“求められること”にフォーカスしたんですね。では今は何をしているときが幸せですか?

 

佐藤さん: みんなでご飯を作って食べているときや、アウトドアに熱中している時間が一番幸せです。あとは、移住してから自分の仕事や、生き方について悩んで苦しむ場面もありましたが、同じような悩みを持つ移住者どうしで一緒にイベントを企画運営したり、一緒に乗り越えられたりしたことは、今振り返るととても楽しかった。金谷では田舎だからこそ自分の暮らしを作っていく、何もない所に作っていく、というところに幸せを感じます。

 

金谷の魅力

富津市金谷 佐藤慶宏
金谷ではシェアハウスで暮らしている。「周りの人を否定しない人たちが集まっている」という。

 

ー 移住されて3年になりますが、佐藤さんにとって金谷の魅力はどんなところでしょうか?

 

佐藤さん: 周りの人を否定しない人たちが集まっていることや、良い意味で余白がある地域なので、やる気になればなんでもチャレンジできるところ。物理的には、東京にすぐに行ける距離だというのも魅力的ですね。

 

ー 不便な部分は?

 

佐藤さん: やはり買い物するには少し不便です。パン屋さんも欲しいです(笑) それに、余白があるにも関わらず、実際にチャレンジしている人は少ないのかなって思います。長く住んで何かに取り組みたい!!という人が増えないと“町の活性化”という点では厳しいですし、もったいないかなと思います。

 

ー 金谷は移住者が増えているものの、なかなか定住者が多くなりません。解決策はなんだと思いますか?

 

佐藤さん: 「長く住みたい」という人を増やすこと。短期移住で去っていく人も多い中、“周りの人がいなくなっても追求できるもの”を見つけることが大切だと思います。マイテーマを見つけて、深堀りすること”や、“それぞれが自分の仕事を作っていくこと”が長くいるための秘訣かな。

 

あとは、夫婦や家族での移住者を増やすことですかね。どんな道に進もうと、どんなに環境が変わっても、共に支え合って人生を歩んでいける存在が身近にいるというのは、やはり心強いですからね。

 

今後の展望

富津市金谷 佐藤慶宏さん
趣味で始めた“アウトドア”を仕事にするための挑戦をはじめる。

 

ー ご自身の今後の展望を教えてください

 

佐藤さん: 自分が深めたいテーマがアウトドアなので、もっともっと追求していきたい。数年はインプットの時間になると思います。金谷を離れた後は、4か月ほど北アルプスの山小屋で仕事をして、来年からは海外暮らしにチャレンジする予定です。海外では、アウトドアを楽しんだり、技術を学んだり、たくさんの人の世界観に触れてみたり。英語を学んだ暁には、海外にいる日本人や外国人で、アウトドアで活躍している人、アウトドアを追求している人たちにインタビューをしながら、それをリトルプレスにまとめるなどして、WEBメディアを作って発信していきたいです。日本に帰国してからは、アウトドアのある暮らしを実践したいし、アウトドアの仕事もしていこうと思います。

 

あと、可能なら、せっかく学んできた経理の知識を活かした複業もしていきたいですね。

 

ー アウトドアの魅力とは?

 

佐藤さん: 自然に関わると元気になりますし、自然から学べることは多いと思います。それに、アウトドアを通して、大切な友人ができたり、転機となる出来事に出逢ったり、僕自身がアウトドアによって人生が変わってきた。だから、アウトドアの奥深さや魅力をもっと探していきたいし、広めていきたいです。

 

ー 今後の人生大切にしたい事は?

 

佐藤さん:自分が大切にしたいものを、きちんと大切にしながら暮らしを作っていきたいです。大切にしたいものは友人だったり、自分らしくいられる時間だったり。

 

移住検討中の方へ一言

富津市金谷 佐藤慶宏さん

 

ー 移住検討中の方へメッセージをお願いします。

 

佐藤さん: 金谷はお試し移住しやすい場所。いろいろ試してみたらいいと思います。試す中で自分の大切なものが見えてくる。それを手助けしてくれる仲間もコミュニティもあるので、気軽に来てもらえたらいいと思います。

 

後記

【自分らしい暮らし】の実現のために、自身も6月末をもって金谷を巣立っていく佐藤さん。彼がいたこの3年間でどれだけの人々が彼の前を行き来し、どれだけの景色が移り変わっていったのだろうか。佐藤さんは“よっちゃん”と呼ばれ、金谷のみんなから頼りにされている存在だ。筆者も確定申告の際にどれほどお世話になったことか・・・

いろいろなものが移りゆくこの金谷の街で、“これからの自分の人生”について悩み苦しんだ時期もあったのだろう。しかし、「同じように悩みを持つ移住者仲間と一緒に乗り越えられたこと。それもまた一つの幸せな日々だった」という佐藤さん。泣かせることを言う。そんな彼がもうすぐ金谷から旅立ち、大好きなアウトドアの旅に出る。寂しくないわけがない。しかし、アウトドアを語る時の彼の眼はまるで子供のように、キラキラと輝いているのだ。応援するに決まっている。

「どうかこの旅立ちが、よっちゃんにとって素敵なものになりますように。そして、旅を終えたらまた、いつでも金谷に帰ってきてください。」

 

[取材・文] Rinco

[撮影協力] 廣田賢司

金谷に遊びにきませんか?

現在金谷試住プログラムではプログラム参加者を募集しています!いきなりのお試し移住はハードルが高い、という方のためにも、金谷1日体験ツアーも開催しています。(体験ツアーの詳細に関してはこちらからご確認ください)

金谷1日体験ツアーや試住プログラムについての他、田舎暮らしに全般についてなど、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォームへ

この記事をシェアする

related posts 関連記事