ホーム>コラム>0歳の幼子を連れて都会から田舎へ移住した夫婦。今、家族は同じ時間を生きている【前編】 金谷に移住した岡田夫婦

0歳の幼子を連れて都会から田舎へ移住した夫婦。今、家族は同じ時間を生きている【前編】

金谷に移住した岡田夫婦インタビュー

 

今回インタビューさせていただくのは、生後10か月の赤ちゃんを連れて家族移住をした岡田さんファミリーです。ご夫婦それぞれの視点からお話を伺いました。

 

<岡田 有平(おかだ ゆうへい)>

1984年生まれ 愛知県名古屋市出身

大学卒業後、信用金庫に勤めたのち父親が経営する会社で経営に携わるも、様々な問題に直面し退職。

その後2017年11月に田舎フリーランス養成講座に家族を連れて参加。翌年2月に金谷に移住。2017年4月第一子誕生。(岡田さんのブログ)

 

<岡田 由紀子(おかだ ゆきこ)>

1991年生まれ 岐阜県本巣市出身

大学卒業後、市役所に3年間勤め2016年12月に結婚。2018年2月に家族と共に金谷に移住。現在パン作りの勉強中。

 

金谷に移住した経緯

金谷に移住した岡田夫婦インタビュー

 

―早速ですが、金谷に移住した経緯から教えてください。

 

岡田さん:去年11月に田舎フリーランス養成講座(以下いなフリ)に参加するために金谷に来ました。いなフリに参加した経緯としては、親との関係、職場での人間関係等、いろいろあって精神的に限界を感じていたんです。そんな中でいなフリを見つけ、学びたいというよりも現状から逃げ出したいという気持ちで参加しました。様々な人の協力のおかげで家族そろって参加できたことが大きく、いなフリの時点ですでに移住体験ができたのが良かったです。その流れで移住も決めました。

 

―いなフリに家族で参加したのは岡田さんが初めてだと思います。いなフリの家族参加も、その後の移住もなかなか大きな決断だと思うのですが、移住の最大の決め手はなんだったのでしょうか?

 

岡田さん:正直、「名古屋にいたくなかった」というのが大きな理由ではありましたが、それ以上にここには僕たち家族を受け入れてくれる仲間やコミュニティがあって、安心して移住を決めることができたんです。その後、無事に空き家が見つかって念願の移住ができました。

 

由紀子さん:いなフリ参加のために金谷に来た初日、道を歩いていると近所の人が子どもに声を掛けてくださったんです。出産後、岐阜から名古屋に引っ越しましたが、子どもを連れて歩いていても、声を掛けられることはめったにありませんでした。金谷にいる人達はいつも笑顔で接してくれて、すごく嬉しかったです。

 

名古屋は町が広い分、人との距離も遠かった。でも金谷は狭い分、人との距離も近くてみんながあたたかい。子どものためにもこっちに来た方がいいと思い移住したんです。移住について主人のブログにも記事を書きましたので、良ければ読んでみてください。

(移住について由紀子さん側から書いた記事)

 

 

移住前と今で変わった事

金谷に移住した岡田夫婦インタビュー
会社員時代には中々とれなかった“家族との時間”を楽しんでいるという

 

―移住する前と現在で変わったことはありますか?

 

岡田さん:心が穏やかになって落ち着きました。時間がとれるようになって三食一緒に家族でご飯が食べられるようになったことも大きいですね。家族との距離も近くなりました。名古屋にいる時は会社でのストレスがすごくて、家にも引きずって帰ってきていたんです。本当に大変な時期で今思えば精神面はぐちゃぐちゃでした。眠れない日々でしたし、妻の由紀子にも心配をかけていたと思います。

 

由紀子さん:うん。本当にあの時は大変でしたね。でも今は金谷のゆったりした空気の中で穏やかに過ごせていて、すごく幸せです。

 

―今は何をされているんですか?

 

岡田さん:のんびりしています。まだ何がしたいとか具体的には決まっていないので、時間がとれていることを楽しんでいます。まるもで本を読んだり、今後のことを考えたりしています。これから何をして生計を立てていこうか、いろいろ探っています。

 

―由紀子さんにお聞きしたいのですが、突然ご主人が1か月間も田舎に行くと言い出してどう思いましたか?

 

由紀子さん:いなフリの説明を何も聞いていなくて、「千葉の海沿いに行くよ」としか言わないんです(笑)でも時期的にも環境を変えた方がいいと思っていましたし、新婚旅行もまだ行っていなかったので、「家族で少し旅行に出る感覚で行ってみよう」と思い、特に心配はなかったです。

 

―頼もしい() 実際に一緒に来られていかがでしたか?

 

由紀子さん:住まいが池ちゃん一家のシェアハウスだったのですが、それが良かったですね。娘とあまり歳の変わらないお子さんがいて、子どもと一緒に行くことのできる場所を教えてもらったり、子どもを連れて一緒に出かけたりすることができてとても有難かったです。シェアハウスでよかったなって思いますね。池ちゃん夫妻は子育ての先輩でもあるし、育児の勉強もさせてもらいました。

 

金谷の地域について

金谷の街並み
自然溢れる金谷の街は、歩くだけで楽しい気持ちになる

 

―金谷の地域についてどう思われますか?家族連れの視点で教えてください。

 

岡田さん:この前も由紀子がパンを焼いてtwitterで「あと10分でパンが焼けます」って呟いたら、すぐに7人くらい集まってきたんです。そんなにすぐに人が集まるなんて、普通はないじゃないですか。ここには遊ぶ場所や飲める場所がそんなにありません。でも、何もないからこそ集まれる場所なのかなって思います。何もないことが良いのかなって。あと、旬のものがおいしいですね。魚もおいしいし、今の時期は菜の花が最高です。

 

由紀子さん:子どもと散歩ができる場所が沢山あって、空気もおいしいし景色もいい。歩いていて気持ちがいいんです。子どもが少ない地域なので、先日地区の集会に家族で参加してから特に近所の方に気にかけてもらえるようになって、「家に遊びにおいでよ」と声を掛けてくださったり、子どもがいるご家庭のランチに招待していただいたりして、本当に周りの人に支えていただいています。引っ越して間もないのにこんなに楽しく生活が出来ているのは、金谷だからこそだと思います。

【…後編に続く】

 

[取材・文] Rinco

[撮影協力] 廣田賢司

金谷に遊びにきませんか?

現在金谷試住プログラムではプログラム参加者を募集しています!いきなりのお試し移住はハードルが高い、という方のためにも、金谷1日体験ツアーも開催しています。(体験ツアーの詳細に関してはこちらからご確認ください)

金谷1日体験ツアーや試住プログラムについての他、田舎暮らしに全般についてなど、お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォームへ

この記事をシェアする

related posts 関連記事